TOP

NEWS TOPICS

  • ブログ

100万円も得をする家づくりの補助金とは?

こんにちは!ETUSUSの松永です。

今回のテーマは「知らないと損をする家づくりの補助金」。家づくりで100万円得する補助金情報についてお伝えします。

ほとんどの方にとって家づくりは一生に一度のイベントです。十分な知識がない中で、たくさんのことを決めなければならず、補助金にまで頭が回らないという方も多いと思います。ですので、今回ご紹介する補助金は1つだけです。補助金は国単位のものや県単位のもの、金額の大きいのものから小さいものまでいろいろありますが、その中でも一番お得でおすすめの補助金が「地域型住宅グリーン化事業」です!

地域型住宅グリーン化事業は2015年から始まった国の補助金制度です。長期優良住宅や認定低炭素住宅、ゼロエネルギー住宅など、国が定める基準を満たした住宅に対して補助金が交付される制度です。

かつて、燃費のいい車を購入すると補助金がもらえる「エコカー補助金」という制度がありましたよね。住宅でも同様に省エネで環境負荷が小さく、長持ちする基準を満たした住宅を建てると100万円も補助金をもらうことができます。

家づくりに補助金があることを初めて知った方、補助金があるのは知っていたけど、どれが活用できるのか分からないという方、さらには補助金って本当に得なのか怪しい…と思っている方、今回の記事を読んでいただければ、お得な補助金活用術が分かります!ぜひ、最後まで読んでください!

今回は次の3つのテーマに沿ってお話しします。
1.まずは必要な条件をチェック!
2.補助金活用のためにやるべき2つのこと
3.地域型グリーン化事業を上手に活用するには?

<1>まずは必要な条件をチェック!

地域型住宅グリーン化事業を活用するためには条件が3つあります。

【条件① 対象の工務店で家を建てること】
国土交通省から選ばれたグループに所属する「工務店」で家を建てましょう。対象となる工務店はインターネットで確認できます。「地域型住宅グリーン化事業」で検索し、「地域の住まいづくりのお手伝い~地域型住宅グリーン化事業採択グループ紹介」というサイトを確認してみてください。建築予定の都道府県を選ぶと、対象の工務店を確認することができます。

地域型住宅グリーン化事業のグループに所属できる住宅会社には条件があります。それは大手ハウスメーカーではなく、地域に根差した工務店であることです。グループに所属していない工務店や大手ハウスメーカーでは、地域型住宅グリーン化事業の補助金は使用できないので注意が必要です。

【条件② 一定以上の性能を満たした住宅であること】
地域型住宅グリーン化事業では、住宅の性能を上げるために必要な費用が補助されます。そのため補助金をもらうためには「長期優良住宅」「認定低炭素住宅」「ゼロエネルギー住宅」のいずれかに該当する必要があります。これらの性能を満たすには、構造計算や温熱計算など必要な計算を行ない、国の認定を取得する必要があります。計算と認定の取得には費用と時間がかかります。また性能が不足している場合は仕様を変更しなければならず、価格が上がってしまう可能性もあります。

補助金は申請すれば無償でもらえるわけではありません。ただし性能を上げるためのコストを補助金で賄うことで、ワンランク上の安全で快適な暮らしを手に入れることができます!

【条件③ 契約時期、着工時期の規定を満たすこと】
地域型住宅グリーン化事業は単年度の補助事業です。そのため、工事請負契約をその年度の4月1日以降にしていただく必要があります。また国土交通省が採択結果を発表するまで工事着工できません。例年通りであれば7月上旬に発表されるため、7月以降に工事着工を計画すると良いでしょう。

地域型住宅グリーン化事業の補助金は、各グループで使用できる補助金に上限があります。全体の補助額が大きい事業ではありますが上限に達してしまう場合もありますので、早めに補助金活用の意思決定をされることをおすすめします。

<2>補助金活用のためにやるべき2つのこと

補助金を活用するためにやるべきことは次の2つです。
・地域型住宅グリーン化事業を活用できる対象工務店を探しましょう
・工務店に「地域型住宅グリーン化事業の補助金を活用したい」と伝えましょう
この2つだけです!

補助金申請に必要な資料の作成や申請業務は、地域工務店やグループで行なうので、あなたは必要な書類にハンコを押すだけです。役所に資料を提出したり、書類を受け取りに行ったりする手間はありません。

ただし<1>でお伝えした通り、補助金をもらうためには一定の性能を満たす住宅にする必要があります。計算・認定取得費用に加えて、住宅の性能を上げるための費用が必要になることも頭に入れておきましょう。

<3>地域型グリーン化事業を上手に活用するには?

地域型グリーン化事業活用のポイントは、標準で高性能な住宅を建てている工務店を選ぶことです。

住宅の標準性能は工務店によってさまざまです。高性能を標準にしている工務店であれば、建築ノウハウや施工実績・経験が豊富なので、安心して任せることができますよね。ぜひ工務店選びの基準に「高性能」を入れてみてください。

とはいえ高性能住宅を建てる以上、コストUPは避けて通れません。価格UPはちょっと…という方は、高性能な「規格住宅」を選択肢に入れてみるといいでしょう。実はETUSUSも高性能な規格住宅の一つです。ETUSUSは長期優良住宅が標準仕様で、補助金対象になっている各地域の工務店が建築します。つまりETUSUSの家は何も特別なことをしなくても補助金の対象住宅になるということです。ETUSUSで補助金を活用してお得に家を建てませんか?ETUSUSについて詳しく知りたい方は、ぜひホームページをご覧ください。

一生に一度の家づくり、補助金を活用して高性能な家をお得に建てましょう!

RECOMMEND

家づくりラボのYouTubeチャンネルでは、これから家づくりをされる方のために、正しい知識、情報をもとにお役立ち動画を発信しています。動画のご視聴はこちらからどうぞ。

CONTACT

カタログのダウンロードはこちら お問合わせはこちら LINEによるご相談はこちら