シロアリ対策は「ホウ酸処理」が最適!その理由を徹底解説。 | エツサス|高性能住宅をリーズナブルに|富山・石川・福井・新潟
TOP

NEWS TOPICS

  • ブログ

シロアリ対策は「ホウ酸処理」が最適!その理由を徹底解説。

こんにちは。ETUSUSの澤田です。
今回は家づくりには欠かせないシロアリ対策についてお話しします。

皆さんはシロアリ対策について考えたことはありますか?シロアリは古い家にいるイメージがありますし、シロアリなんて見たこともない、本当にいるの?とどうしても他人ごとになりがちですよね。でも、現実には新築間もない家でもシロアリ被害が出ている事例も多くあります。

この記事を読んでいただくことで、シロアリを寄せ付けず耐久性のある家をつくる方法がわかります。また、シロアリ対策の種類と方法、新築する前に知っておくべき対策がわかります。

 

今回は次の3つのテーマに沿ってお話しします。
1.家の大敵「シロアリ」の特性について
2.シロアリ対策には「ホウ酸処理」を!その理由は?
3.重要!「ホウ酸処理」の方法とタイミング

 

<1>家の大敵「シロアリ」の特性について

日本でのシロアリによる年間の被害総額は、約1000億円にものぼると言われています。家に棲みつき、木材を食べてしまう害虫として、名前を聞いたことはあると思いますが、実際にその姿を見たことがある方は多くはないと思います。そのため、シロアリ対策はまだまだ浸透していません。

日本に生息しているシロアリは約20種類と言われています。特に大きな被害をもたらすのが、ヤマトシロアリとイエシロアリです。シロアリは北海道北部をのぞく日本全土に生息しています。シロアリは元々、南方系の害虫ですが、近年日本の住宅の高断熱化が進んだことで日本全土に生息し、大きな被害を与えるようになりました。身近でシロアリ被害を聞くことはあまりないかもしれませんが、北陸でも数多く被害は起こっています

※富山県での解体現場より採取

シロアリは乾燥や日光に大変弱く、床下から家に侵入してきて普段は木材の内部や土の中で生息しています。地震や台風と違い、床下や壁の中など人の目が届きにくいところで被害が起こるため気付かないうちに土台や柱など、家の重要な箇所が食い荒らされていたというケースが非常に多いのです。つまり、見つけてから対処を行なっていては遅いのです。新築時からシロアリを寄せ付けない対策を行なっておくことが重要です。

 

<2>シロアリ対策には「ホウ酸処理」を!その理由は?

効果的なシロアリ対策は木材にしっかりと「薬剤処理」をすることです。よくシロアリ対策には、木材を乾燥した状態に保つことが大切と言われます。もちろんカビや腐朽菌の発生を抑制するために、木材を乾燥した状態に保つことは重要ですが、シロアリ対策はそれでは不十分です。なぜならシロアリの中には、乾燥した木材でも自ら水を運んできて湿らせながら木材を食べる種類や、乾燥している木材でも関係なく食べる種類のシロアリもいるからです。つまり乾燥状態を保つだけでは、全てのシロアリを防ぐことはできません。

薬剤の種類は大きく分けて2種類あります。
一つはシロアリが食べると死に至る「食毒性」をもつ「ホウ酸系薬剤」です。
もう一つは、薬剤成分がシロアリの神経を破壊する「神経毒性」をもつ「農薬系薬剤」です。ではどのように選ぶとよいのでしょうか?ポイントは「効き目」「持続性」「人体への影響」の3点です。

ポイント1:効き目
「ホウ酸系薬剤」は高濃度のホウ酸塩を木材の内部まで浸透させ、保護層をつくることができます。シロアリがホウ酸で薬剤処理された木材を食べると、エネルギー代謝ができなくなり餓死することが分かっています。また予防が難しいアメリカカンザイシロアリにも有効です。ただし、駆除には不向きです。
「農薬系薬剤」は、木材や土壌に薬剤を吹きかけることで、シロアリが逃げていきます。シロアリの殺虫効果は高く、駆除に適しています。

ポイント2:持続性
「ホウ酸系薬剤」は揮発分解することが無く、効果が長期間持続するのでシロアリ予防としては最適です。
「農薬系薬剤」は、揮発分解により効果が失われるのが早く、持続効果は最大で5年と、予防には不向きです。5年以内に再処理が必要となりますが、壁の中など実際には再処理することが難しい箇所も多く、5年経過後、壁の中は無防備な状態となってしまいます。

ポイント3:人体への影響
床下や壁の中の木材を薬剤処理するため、家で暮らす家族やペットへ悪影響がないか気になるところです。「ホウ酸系薬剤」は揮発しないという特性があるため空気を汚すことがありません。ホウ酸はシロアリにとっては猛毒ですが、腎臓を持つ哺乳類にとっての毒性は食塩と同程度です。
「農薬系薬剤」は揮発しやすく、長期間晒され続けた場合、人体への悪影響が懸念されます。
これら3つのポイントによりETUSUSはシロアリ対策に「ホウ酸系薬剤」を使用しています。

 

<3>重要!「ホウ酸処理」の方法とタイミング

シロアリを寄せ付けない最適な薬剤「ホウ酸処理」について使用方法と住んでからの注意点をご紹介します。ホウ酸は粘り気の少ない水溶液なので、ハケやローラーによる塗布、噴霧器を使って簡単に施工することができます。使用範囲は地面の上から1m以上が必須です。より高い位置まで塗布すると効果が高くなります。

薬剤処理は建築現場で吹付ける以外にも木材の加工直後に薬剤を塗布する方法があります。この場合、家を組み立ててしまってからでは塗布できない木材同士が組み合わさった箇所にも塗布することができます。しかし実際は上棟後に現場で塗布するだけのケースが多く、木材同士が接している箇所は処理されていません。ホウ酸を採用して工場+現場の2段階の塗布を行なえばより効果的です。つまりシロアリから家を守るには最適な薬剤を選ぶだけではなく、薬剤処理の方法やタイミングも欠かせない条件と言えます。

予防を完璧に行なっても普段から家の状態を確認しておくことも大切です。近所で古い家の解体が行われているときは注意しましょう。黒っぽい虫の羽が、たくさん落ちていることを発見したら、追い出されたシロアリが飛んできたかもしれません。ホウ酸系薬剤で処理された家であれば、飛来したシロアリも徐々に死んでいきますが不安な場合は専門の業者に見てもらいましょう。シロアリ被害を防ぐには早期発見が重要です!

<まとめ>

最適な薬剤「ホウ酸」を選び、さらにしっかりした施工が伴わないと最大限の効果を発揮できません。ETUSUSは土台や大引など床下に配置される木材や、地面から1m以内の木部へのホウ酸塗布はもちろん、基礎コンクリートの継ぎ目などからのシロアリの侵入も防いでいます。

実際の塗布箇所はこちら
(ETUSUSのホウ酸塗布箇所)
・地面~1mの範囲の木部(土台・柱・根太・筋違・間柱) → 工場塗布
・建物外周部のプレウォールの木部 → 現場塗布
・建物外周部の基礎の継ぎ目、配管回りなど → 現場塗布

木材同士が接触し、現場で組み上げてからでは塗布できない箇所についても、事前に工場で塗布することでより高い効果を発揮します。
ETUSUSの家のホウ酸処理の様子は家づくりラボ動画「家ができるまで 上棟に密着」で紹介していますので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=nyN-jD4Rflw

RECOMMEND

家づくりラボのYouTubeチャンネルでは、これから家づくりをされる方のために、正しい知識、情報をもとにお役立ち動画を発信しています。動画のご視聴はこちらからどうぞ。

CONTACT

カタログのダウンロードはこちら お問合わせはこちら LINEによるご相談はこちら